March 13, 2020

11/2

天候:晴れ

0330 片平集合

0415 同発

0645 羽黒神社 入山

0810 740mピーク

0930 942mピーク

1130 烏帽子山

1505 1208mピーク南のコル付近

(1200m付近)ビバーク

11/3(日)

天候:晴れ

0400 起床

0545 同発

910 栂峰

1110 栂峰登山口 下山

1210 羽黒神社

 

 定刻通りに羽黒神社を出発した。少し分かりにくい道を通り、突き当りからいざ藪の中へ。途中で内山(1年)の耳の中に藪が入り出血するアクシデントがあったものの(後に病院で受けた所鼓膜は破れていなかったそう)、烏帽子山までは藪と呼...

March 13, 2020

参加者:CL小林(3)、SL星川(3)、木下(2)、須田(2)、種谷(1)、福田(1)

天候:晴れ

0530片平集合

0545出発

0800駐車場着

0815入山

0830岩場着 各自クライミング

1530下山開始

1545下山

前日から当日の朝まで雨が降っていて少し不安だった。というのも先週の丸森が雨で潰れていたからだ。僕自身は夏休みはほとんどジムに行けていなかったが、10月に入ってからは週4.5回でジムに行っていたので春よりは登れるだろうなとは思っていた。

岩場に着くと案の定濡れていたが、比較的乾いている岩場からのぼり始めた。ホールドの奥がヌメヌメ...

March 13, 2020

参加者:CL室田(3)、SL松坂(3)、遠藤(1)、内山(1)

0430 起床

0510 泡滝ダム、入山

0755 大鳥小屋

1000 以東岳

1140 大鳥小屋

1405 泡滝ダム 、下山

天候:雨時々曇り

前夜泊の山行であったため、林道の終着点からのスタートとなった。人気は無いが、明かりはついている泡滝ダムを横目に見ながら入山した。大鳥小屋までは吊り橋(まあまあ怖い)を渡ったり、小さな滝を見たりしながら進んだ。天気はこの段階では思っていたよりも荒れていなかった。

7時55分、なんやかんやで大鳥小屋へ、タキタロウ伝説のある大鳥池は大きく、やや圧倒さ...

March 13, 2020

参加者:松坂(3)、室田(3)、星川(3)、亀岡(2)、山本(2)、山村(2)、須田(2)、種谷(1)、遠藤(1)、内山(1)

本年度のヒュッテ祭は日曜日の昼開催という形で実施となった。しかしながら、今回参加されたOBは大江さんのみとなり、良くも悪くも少人数で和やかなヒュッテ祭となった。また、大江さんは前夜からいらしてくださったので事実上前夜もヒュッテ祭が開催された。来年からは例年通り1泊2日という形でヒュッテ祭を開催するといいと思う。

10月5日

天候:雨時々曇り

今年の現役参加者は全部員の半分ほどの参加だった。例年基本的に全員参加するは...

January 19, 2020

参加者:CL網野(4)、SL室田(3)、山村(2),大村(OB) 

9/26

1815 片平 発

2215 夏瀬ダム 前夜泊

夏瀬温泉に駐車できなかったため夏瀬ダム付近に駐車した。翌日は計画時の0515出発ではまだ暗いと思われたため,起床を15分遅らせることにした。

9/27

天候 晴れ

0445 起床

0550 発

0620 堀内沢取水施設 入渓

0745 朝日沢出合

0930 マンダノ沢出合

1330 蛇体淵

1430 上天狗沢出合 幕営

駐車場所が変更になったため,そこから河原に降りて玉川を渡渉し,林道を歩いて堀内沢の取水施設付近から入渓した。何度か渡渉...

参加者:CL荻野(3)、SL杉森(3)、亀岡(2)、野下(1)

9/21 移動日

0430 片平集合

0500 出発

0930 弘前

1430 奥赤石公衆トイレ 幕営

 今回の赤石川の印象を一言で述べるのであれば、紆余曲折あったなぁ~、という印象である。計画を立てる段階でも色々あったが、それについてはCLに譲るとして、僕は沢に入渓するまでにあったこと、つまり赤石川源流行のプロローグにあたる最初の3日間の部分を語ろうと思う。

 まず、赤石川の上流半分を遡行する計画で、遡行開始点と終了点が大きく異なっていたので、弘前までレンタカーで行き、そこからタク...

0330 起床

0500 笠ヶ岳山荘、発

0550 抜戸岳

0950 双六小屋、幕営

1140 双六岳

2日目。この日も晴れていた。テン場と小屋が少し離れているので、朝トイレに行くのがだるかったが、定刻通り出発した。双六小屋まで雲一つない快晴で、傾斜も緩かったため、非常に快適な山歩きを楽しむことができた。双六小屋でテントを張り、一息ついてから双六岳に向かったのだが槍を目の前に景色が綺麗だったのと、時間が有り余っていたので山頂に一時間以上いた。最初は30分くらいの予定だったが、30分しても「まあまだいいか」みたいな空気があったため、なし崩し的に...

January 19, 2020

参加者:CL杉森(3)、SL須田(2)、野下(1)

8/31(1日目)

天候:晴れのち霧

1100吉野発 

1340青根ヶ峰 

1600足摺宿 

 修験道や神道や仏教、いわゆる宗教学に興味があったのでこのような山行を立ててみたいと昔から思っていた。信仰の対象が実在するしないに限らず、それを信じていれば各人が善人であろうと努め、信仰のための大規模な建築などの公共事業も促進される。個人的にはその当時の最高峰の技術と今では考えられないような労働力を使って作られた建築物にロマンを感じる。最高だと思う。

 あとはまあ、昔読んだ漫画で修験道を極めたキャラクタ...

参加者:CL松坂(3)、SL室田(3)、内山(1)、種谷(1)、山川(1)

8/28(1日目)

天候:雨

1300 上高地、入山

1350 明神

1450 徳沢、幕営

前日の夜に夜行バスで仙台を出発し,新宿を経由して丁度お昼ごろに上高地に到着した。今回の移動は18きっぷ+タクシーだった前回と違い,高速バスのみだったので楽だった。上高地は雨が降っていて,予報だとこれからしばらく前線が停滞する感じだそう。去年の縦走で前線に苦しめられた記憶が蘇ってきた。というか何でまた懲りずに長期縦走を立ててしまったんだろう。去年はもう長期はいいやと思っていたが,心...

January 19, 2020

参加者:CL松坂(3),SL室田(3),亀岡(2),山本(2)

8/17

天気:曇り一時晴れ

0330 BC発

0415 取り付き

0740 Ⅰ峰

0810 Ⅱ峰

0940 剣岳

1030 平蔵のコル

1120 平蔵出合い

1240 剣沢キャンプ場

1515 室堂下山

 8月15日、源次郎隊を残して一年生と一部の上級生は下山した。それまで毎日快晴で、予備日を使うこともなく実に楽しかった合宿は、上級生五名で二日間真砂沢にとどまりひたすらトランプをして眠るという微妙な雰囲気のものになっていた。あんなに騒がしかったBCも静まり返ってとてもさみしく、私は他大の山岳...

Please reload

Please reload

March 13, 2020

March 13, 2020

January 19, 2020

January 19, 2020

January 19, 2020

January 19, 2020

January 19, 2020

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now