September 20, 2019

参加者:CL網野(3)、SL小林(2)、星川(2)、須田(1)、山本(1) 
 

3/30

天候:晴れのち雪 
0345片平集合 
0700 駐車場 
0730入山 
1000山伏岳 
1115高松岳 
1230子安岳 
1410下山

3月末、本来ならば谷川の馬蹄形縦走をする計画であったが、メンバーの都合がつかず、週末に行って帰ってこれる泥湯三山に。

 当日朝は雲一つない快晴で、幸先よし。雪に埋まった車道をしばらく歩くと噴気地帯の川原毛地獄に着いた。すぐ近くの川原毛大湯滝には、露天温泉が湧いているという。三山周遊などほっぽり出し、...

September 20, 2019

メンバー:CL荻野(2),SL室田(2),亀岡(1)

3/30(土)

天候 晴れのち曇り

0345 片平発

0850 ゴンドラ乗車

0905 山頂駅

0920 入山

0950 阿仁避難小屋

1040 小屋発

1110 森吉山山頂

1400 小屋

今回の森吉山はGWの知床山スキーに向けての予備参考だった。行きの車ではまだ春休み中だというのに早く夏休みにならないかなあという白馬さんと、これからスキーをするのにスキーしたいという荻野さんの楽しい会話を聞きながら、白銀の秋田駒や田沢湖を眺めた。阿仁スキー場に到着すると、秋田犬の北斗君が迎えてくれる。去年の秋に桃洞...

July 7, 2019

メンバー:CL千田(4)、SL松坂(2)、青柳(1)、一色(1)

3/7 移動日

 ついにこの日がやってきた。。。厳冬期聖岳。1年間思いをはせていた山だ。朝5時に起きて、実家の荷物も背負いながら仙台駅へと向かった。集合場所に到着すると一色さんが待っていた。しかし、千田さんがいなかった。千田さんから実家の名取から乗車するという連絡をいただき、すばやく青春18きっぷを使って鈍行に乗る。千田さんに何があったのかと思って心配していたが、どうやら千田さんが寝坊したらしく仙台には間に合わなかったそうだ。とにかく合流できたのはよかったので結果オーライ...

May 2, 2019

参加者:CL網野(3)、SL小林(2)、室田(2)、木下(1)

 槍ヶ岳中崎尾根計画は僕が1年生だった2年前にも実施された。2つ玉低気圧の接近の為に槍ヶ岳が目の前に見える中崎尾根上で3日間も停滞し、粘りに粘ったが晴れの日は訪れずに敗退するという思い出深い山行だった。大朝日岳PH計画の山行記でも書いたが、僕が1年生の時に初めて登った冬山が大朝日、最後に登った山が槍ヶ岳であり、奇しくも両方とも敗退に終わった。4年生まで現役とは言え、本格的に活動するのは3年生の今年が最後だろう。3年生の最後の大きな山行として槍ヶ岳には絶対登っておきたかった...

April 22, 2019

メンバー:CL千田(4)、SL松坂(2)、青柳(1)、一色(1)

2/26

1830 片平出発

2200 甲子温泉

2230 就寝

 縦走のスタート地点である甲子温泉に前夜に到着。登山口は大黒旅館の奥にあったため、その晩は旅館の駐車場で幕営しようとテントを立てていると、旅館の関係者が近づいてきた。ここでテント泊をしないで欲しいとのこと。仕方なく大黒旅館の上の橋を少し先へ行った駐車場で幕営した。

2/27

天候:曇り

0430 起床

0550 出発

0640 1ピッチ目終了、一旦下山

0750 甲子温泉

0945 甲子山

1120 甲子旭岳直下、フィックス開始

...

April 22, 2019

参加者:CL網野(3)、SL北野(4)、松坂(2)、小林(2)、杉森(2)、星川(2)、室田(2)、山本(1)、亀岡(1)、須田(1)、永田(OB)、鈴木(OB)、長谷川(OB)

2/15 入山日 天候:曇り後雪

1100 八ヶ岳山荘 入山

1500 行者小屋 BC設営

2/19

0930 BC発

1150 八ヶ岳山荘 下山

 今回も劔の時のように総括を記す。この八ヶ岳での定着形式の山行というのは、元々部の年間の最終目標に位置づけようと考えていた。なんでそうしたかと言えば、テクニカルな冬山のルートを登る上で必要であり、東北の山ではなかなか経験する...

March 20, 2019

メンバー:CL網野(3)、SL小林(2)、荻野(2)、松坂(2)、須田(1)、山本(1)

2/5 天候:快晴

0500片平集合出発

0800御神坂登山口 着

0830入山

0930切接

1045展望台 設営

1130雪訓開始

1400終了 幕営

2/6 天候:曇り

0430起床

0600出発

0845不動平避難小屋

0920撤退

0940不動平避難小屋

滑落停止訓練

1000訓練終了 出発

1120展望台 着

1200発

1300下山

1830片平着

 冬山をやる理由は人それぞれ違う。無雪期には無い困難さを乗り越えてピークに立ちたい者、ひたすらに続くラッセルをしたい者、冬の...

March 20, 2019

メンバー:CL北野(4),SL見原(4),室田(2),杉森(2),星川(2),青柳(1),亀岡(1),木下(1)

2/2

0840 御神坂駐車場、入山

1110 大滝展望台、幕営

 12月に行った冬合宿から約一か月、私たちはまた岩手山にやってきた。今回の目標はピークハント。これまで山岳部で何度もこの時期の岩手山にアタックしているが、いまだにピークを踏めていないと話している四年生がいたため、今回は何としても山頂を踏みたかった。しかし2月の頭といえば大学は試験期間真最中である。私も例にもれなく岩手山の翌日に試験を控えており、手を付けていない課題...

March 20, 2019

参加者:CL千田(4)SL松坂(2)杉森(2)青柳(1)一色(1)

1日目

天候:雪のち晴れ

0430片平集合

0505発

0625金山川出合、入山

0905 895m地点

1050 1105m地点

1200 1320m地点

1230 1350m地点、幕営

 年明け久々の山行であったため、少し不安だった。深いラッセルを覚悟していたが、思ったより雪が少なく膝程度の深さで歩くことが出来た。それでも初冬や年末の合宿と比べると雪が重く感じられ、冬山では雪の質も大切な要素なのだと実感した。

 また、急勾配の斜面では最初雪が崩れてなかなか登れなかったが、しっかり蹴り...

March 14, 2019

参加者:CL見原(4)、SL北野(4)、須田(1)、亀岡(1)

1/12 天候:曇り

0700 除雪最終地点、入山

0810 役内口

1140 第二ピーク

1310 前神室山手前1280m、幕営

1900 就寝

 成人の日を含む三連休に我々は「東北一の痩せ尾根」を有する神室山へ向かった。除雪地点から登山口までは約3kmの道のりであったが、人の気配はなく、ラッセルへの期待が高まる。

 登山道に入ると早速、急登の膝上ラッセルが始まった。我々はこれを求めていたのである。自分たちの足のみで道を切り開いていく感動はノートレースの東北の冬山ならではだ。だが、尾...

Please reload

Please reload

September 20, 2019

September 20, 2019

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now