杁差岳

January 19, 2020

著者

参加者:CL 青柳(2)、SL 亀岡(2)、山本(2)、山村(2)、遠藤(1)、福田(1)

 

7/20 

天候:小雨のち大雨

0500 起床

0550 東俣彫刻公園発

0700 林道終点

0900 カモスの頭

1015 千本峰

1140 前エブリ差岳

1215 エブリ差岳

1230 避難小屋、泊

 

 前日の夜に公園で一泊し、翌日入山した。のだが、その公園がヤバかった。川沿いのため蚊がとにかく多い。多分日本の総人口より多い。自分は寝ても数十分おきにかゆみで目が覚めるという、人生で最悪の睡眠を下界で経験する羽目になった。目覚めた後も早朝から小雨が降っており、ま~じでテンションが低かった。上記の睡眠不足と林道からカモスまでの急登が重なり、千本峰あたりからかなりバテバテだった。ぶっちゃけこのあたりから前エブリくらいまではあんまり記憶がない。人間の体は便利なので嫌なことは忘れてしまうのである。前エブリあたりから雨が強くなってきていた気がする。覚えていないが。避難小屋に着くころには、靴もジュクジュクになっていた。こういう時の解決法、それは寝ること!時間があったので、飯作る時間まで寝た。

 

 

7/21 天候:曇り時々晴れ

0300 起床

0410 避難小屋発

0505 大石山

0615 エブリ差岳

0705 前エブリ差岳

0750 千本峰

0850 カモスの頭

1030 林道終点

1145 東俣彫刻公園

 

起きたら雨は降っていなかったが、靴が濡れている分を考慮してテンションはややマイナスからのスタート。それでも睡眠は十分にできたため前日よりは遥かにましだった。前エブリ差岳くらいからはすっかり晴れており、景色もよかった。下りはじめる頃にはもう暑かった。カモス以降はじめじめ+暑さのコンボで不快さもあったが、前日に比べたらましだったため、まあいいかで済ませた。林道の途中にあった水場の水がとても美味しかった。終わり良ければすべて良し。

 1日目 杁差山頂

 

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now