岩手山

September 21, 2019

著者

参加者:CL松坂(3)、SL星川(3)、青柳(2)、内山(1)、遠藤(1)、山川(1)

 

5/25

天候:快晴

0400片平集合

0430出発

0730入山

0930ツルハシ別れ

1045平笠不動避難小屋

1125山頂

1230平笠不動避難小屋

1330ツルハシ別れ

1430下山

 

予定通り、4時半に片平キャンパスを出発したが、途中誤った林道に入り、林道を突破できず、入山が30分ほど遅れた。しかし、登りでは時間をまき、ツルハシ別れには予定通りの9時半に着いた、しかしその後の行動は読図等を行なったり、通過に時間がかかったところもあり、平笠不動避難小屋には予定の15分遅れで到着した。そのまま、山頂到着も15分遅れた。お鉢巡り後、下山を開始し、平笠不動避難小屋の到着は予定より、20分遅れた。その後の下山は、登り以上に通過に時間がかかりツルハシ別れ到着は予定より40分遅れた。しかし、その後の下りは順調に下り、最終的には予定より10分遅れで下山した。

登山道はツルハシ別れより雪に覆われ、最後の山頂の登りと山頂部は夏道が出ていた。登りは単調であり、およそ50分ごとに10分の休憩を挟みながら登った。休憩ごとに読図も行なったが、地形の特徴が同じような場所が多く、適宜高度計等を利用したが、平笠不動避難小屋では、雪上でコンパスを使用して、ルートファインディングを行なった。山頂部は幸い天気に恵まれたため、岩手の田んぼと街並みが一望でき、素晴らしい景色だった。山頂の看板の前で記念撮影をして、お鉢巡りをして下山した。山行を通して、雪上歩行の練習はできたが、下山では、雪とササで滑りやすく、踏み抜きも多かったので、まだまだ雪上歩行での訓練が必要だと感じた。標高差があり、疲れたところもあったが、楽しい山行であった。

 

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now