小阿寺沢(2017/07/08)

August 21, 2017

著者

0708小阿寺沢

7月8日 天候:晴

参加者:CL千田(3)、SL網野(2)、杉森(1)

0705 入渓→0730 F1→0745 F2→0810 F3

0900 F4→0930 F5→0940 F6→1040 二俣分岐

1310 登山道合流→1415 えぼしスキー場 下山

 

7時過ぎに入渓地点に到着し、各々装備を整え行動を開始。私自身、初めての沢登りであったが気温が高く、沢の難易度も比較的低かったため非常に気持ちよく遡行できた。9時に登ったF4では上部のバンドをトラバースして水に打たれながら進むことになり、最初に進もうとした際にはあまりの寒さに呼吸が浅くなってしまい、その後に何度か試みたのちにバンドを渡ることができた。

F6では私が浮石を踏み抜いてしまい、手を軽く負傷したので応急処置をしてもらい、特に問題がなさそうだったため行動を再開した。テイスティングをしたが私が足をかけた石もまた石の上に乗っており、このことに気づいていれば対処できていたかもしれない。それまで楽しい雰囲気の中登っていたのでそういった点でもこの事故は防ぐべきであったと思う。

再開後分岐を間違え、10分ほど歩いた後にそのことに気づき来た道を引き返して正しい道を進んだ。

その後の滝では高巻きの後に直登をし、そこから少し進んだ場所から藪漕ぎを始めた。初めての藪漕ぎでは、後半笹に少しイラついてしまったので冷静に対処したい。

 

天候に恵まれたおかげもあり、非常に充実した沢登りであったと思う。

             F4 0850撮影 ここで休憩を取ってから登った。滝壺がとても綺麗だった

 

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now