ヒュッテ祭@清渓小屋

March 13, 2020

著者

参加者:松坂(3)、室田(3)、星川(3)、亀岡(2)、山本(2)、山村(2)、須田(2)、種谷(1)、遠藤(1)、内山(1)

 

本年度のヒュッテ祭は日曜日の昼開催という形で実施となった。しかしながら、今回参加されたOBは大江さんのみとなり、良くも悪くも少人数で和やかなヒュッテ祭となった。また、大江さんは前夜からいらしてくださったので事実上前夜もヒュッテ祭が開催された。来年からは例年通り1泊2日という形でヒュッテ祭を開催するといいと思う。

 

10月5日

天候:雨時々曇り

今年の現役参加者は全部員の半分ほどの参加だった。例年基本的に全員参加するはずなのだが、今年は昼からの薪バイト参加者がなんと6人しかいない!工学部では授業があったそうで夜から4名ほど合流しての参加となったのだが、それにしても少なすぎる。もとより我々も用事があれば参加しなくていいよとか言っていたのでそこまでの強制力を働かせていなかったのだが、こんなに少ないとさすがに薪バイト参加者はイライラしてしまう。みんな愚痴をこぼしていた。でも、参加費はかなり安かったので、結果オーライという感じであろう。まあ、来年は強制にするといいだろう。

ヒュッテ祭だけあってか平気で集合時間に1時間程度遅れる人間もいて、僕の呆れもピークに達していたのだが、愚痴はここまでにとどめておこう。ほどなくして移動し、清渓小屋に到着した。薪約100束を清渓小屋に詰め込んだ。エコーラインからおよそ5往復程度したであろうか。それ以外にも清渓小屋~水場(井戸沢)の水汲み、そして刈払いを行った。

薪バイトをしていると大江さんがいらっしゃった。大江さんも刈払いを手伝ってくださった。

仕事を終えると、夕食の準備に入った。今年はピザを焼こうという提案があり、OBの方から窯に入れる棒を頂いたのだが、その棒が窯の中に入らず、かなり困惑した。何とか通ったが、結局フライパンで焼いたほうがおいしいという結論となった。

大江さんから様々な話を伺い、談笑した。時間がたつと工学部の4名と外岩に行っていた須田君が合流した。外は生憎曇り空であったが、話を楽しみ、皆眠りについた。

 

10月6日

天候:雨のち曇り

この日も曇り空であった。朝飯を頂いて、早速昼飯の準備に取り掛かった。申し訳ないことに朝飯のメニューを覚えていないのだが、昼飯は恒例となりつつある山形風芋煮を頂いた。それでも待ち時間が多く、みんな薄力粉だけで創作ピザを作っていた。(これ案外おいしかった)昼飯もおいしくいただき、ヒュッテ祭はあっという間に終えた。

今年は大江さんしかいらっしゃらなかったが、和やかな雰囲気で楽しく過ごすことができた。今後ともヒュッテ祭を続けていけたら幸いである。 参加者:松坂(3)、室田(3)、星川(3)、亀岡(2)、山本(2)、山村(2)、須田(2)、種谷(1)、遠藤(1)、内山(1) 本年度のヒュッテ祭は日曜日の昼開催という形で実施となった。しかしながら、今回参加されたOBは大江さんのみとなり、良くも悪くも少人数で和やかなヒュッテ祭となった。また、大江さんは前夜からいらしてくださったので事実上前夜もヒュッテ祭が開催された。来年からは例年通り1泊2日という形でヒュッテ祭を開催するといいと思う。 10月5日 天候:雨時々曇り 今年の現役参加者は全部員の半分ほどの参加だった。例年基本的に全員参加するはずなのだが、今年は昼からの薪バイト参加者がなんと6人しかいない!工学部では授業があったそうで夜から4名ほど合流しての参加となったのだが、それにしても少なすぎる。もとより我々も用事があれば参加しなくていいよとか言っていたのでそこまでの強制力を働かせていなかったのだが、こんなに少ないとさすがに薪バイト参加者はイライラしてしまう。みんな愚痴をこぼしていた。でも、参加費はかなり安かったので、結果オーライという感じであろう。まあ、来年は強制にするといいだろう。 ヒュッテ祭だけあってか平気で集合時間に1時間程度遅れる人間もいて、僕の呆れもピークに達していたのだが、愚痴はここまでにとどめておこう。ほどなくして移動し、清渓小屋に到着した。薪約100束を清渓小屋に詰め込んだ。エコーラインからおよそ5往復程度したであろうか。それ以外にも清渓小屋~水場(井戸沢)の水汲み、そして刈払いを行った。 薪バイトをしていると大江さんがいらっしゃった。大江さんも刈払いを手伝ってくださった。 仕事を終えると、夕食の準備に入った。今年はピザを焼こうという提案があり、OBの方から窯に入れる棒を頂いたのだが、その棒が窯の中に入らず、かなり困惑した。何とか通ったが、結局フライパンで焼いたほうがおいしいという結論となった。 大江さんから様々な話を伺い、談笑した。時間がたつと工学部の4名と外岩に行っていた須田君が合流した。外は生憎曇り空であったが、話を楽しみ、皆眠りについた。 10月6日 天候:雨のち曇り この日も曇り空であった。朝飯を頂いて、早速昼飯の準備に取り掛かった。申し訳ないことに朝飯のメニューを覚えていないのだが、昼飯は恒例となりつつある山形風芋煮を頂いた。それでも待ち時間が多く、みんな薄力粉だけで創作ピザを作っていた。(これ案外おいしかった)昼飯もおいしくいただき、ヒュッテ祭はあっという間に終えた。 今年は大江さんしかいらっしゃらなかったが、和やかな雰囲気で楽しく過ごすことができた。今後ともヒュッテ祭を続けていけたら幸いである。

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now