長次郎谷

January 19, 2020

著者

参加者:CL杉森(3)、SL木下(2)、青柳(2)、種谷(1)、野下(1)、

 

8/13

天気:晴れ

0400 BC発

0440 長次郎谷出合

0625 熊の岩上部

0730 長次郎のコル

0815 山頂

0915 平蔵のコル

1135 平蔵谷出合

1215 BC着

 

 長次郎谷は特に困難を感じるようなルートではなかった。天気は良く、劔山頂と逆方向を仰げば、かっちょいい鹿島槍が見えた。熊ノ岩までは、前日の雪上訓練で訪れていたので、スムーズに詰めることができたが、熊ノ岩上部から長次郎谷左俣の雪上に降りるまでが、がれ場で岩や石にアイゼンの爪を取られ苦労した。

 雪渓上に乗ってからは、傾斜がきつくなり始めての高度感にビビっていたが、慣れればどうということはない。ただ、左俣下部は雪渓が切れており、もし滑落しクレバスに落ちてしまうようなことがあれば、お釈迦になるので、注意されたし。

 稜線上に出ると、南には北アルプス、北には日本海と贅沢な景観。ここから、岩場が続く。グレードは5.4と見た。高度感がかなりあり風が強いと怖い。また、浮石が所々にあるので、無闇矢鱈に掴んだり、足場にするのは危険である。

 稜線上を行くと何やら人の声が、上部からする。ついに剱岳の山頂を捕える。気を抜かずに頂上直下の岩壁を登れば、ゴール。よく、頑張った。記念にパチリ、15分ほど滞在し即下山開始。 

 

 

                   頂上にて謎の棒を持ちテンションが上がった人の図

 

 下山は、カニのたてばいを抜け平蔵谷を通り真砂沢まで下山。注意すべき点は、カニのたてばいは、デズニーランドばりに混むので時間管理をしっかりすることと、平蔵谷はがれ場が長く続くので、落石気を配ることぐらいである。

 別山尾根に飽きてしまった方、どうぞお試しあれ。

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now