丸森クライミング

September 20, 2019

著者

参加者:CL小林(3)、SL星川(3)、須田(2)、種谷(1)、福田(1)、OB長谷川、OB樋口

 

天候:晴れ

0730不動尊公園キャンプ場到着、入山

0800岩場到着(見晴岩・美咲岩・打上岩周辺)、クライミング開始

1530クライミング終了、岩場出発

1600下山

 

 まず、岩場につく前の登山道が大変わかりにくいので要注意である。先輩が登山道を何度か外れかけたのだから、間違いない。そんな、木漏れ日が気持ちよい登山道を抜けると、巨大な岩場にでくわした。いよいよ、クライミングのはじまりである。

 

一年生は今回が初めての外岩である。まず、手始めにロコモーション(.8)をトップロープで、小林さんのムーブを見た後に挑戦。私は序盤、順調に登ったが、終盤、クラックが私の前に立ちはだかり、無念の敗走。しかし、もう一人一年福田君は、一度目の挑戦で、テンションは何度かあったものの、完登。私はあまりに悔しかったので、テンションを多用しながらも、執念の完登を果たした。ここで調子に乗った私はノーテンを目指し、三度目のロコモーションに挑んだが、私はここで長時間かけたのにも関わらず、無残な敗走を再びゆるしてしまった。先輩には大変申し訳なかった。

 クラックに心折られた私はジャムを使わない壁がやりたいと思い、身の程知らずにもエイリアンの卵(.10b)に須田さんのムーブを見た後挑戦。30分ほどの格闘の末何とか完登。しかし、常にテンション、常テンだったので次回のためのコース確認、というような結果に終わった。

 

先輩方は各自の宿題を終えてきたようだ。だが、目指せ城ヶ崎が、共通の課題になったようだ。充足した時間をすごせたに違いない。

 

 今回の丸森クライミングでは、宿題がどっさりとだされた。よりジムに行ってリードの経験を積まなくては…そのための今の目標はビレイをできるようになることである。

 

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now