雁戸山(2019/01/19-20)

March 20, 2019

著者

参加者:CL千田(4)SL松坂(2)杉森(2)青柳(1)一色(1)

 

1日目

天候:雪のち晴れ

0430片平集合

0505発

0625金山川出合、入山

0905 895m地点

1050 1105m地点

1200 1320m地点

1230 1350m地点、幕営

 

 年明け久々の山行であったため、少し不安だった。深いラッセルを覚悟していたが、思ったより雪が少なく膝程度の深さで歩くことが出来た。それでも初冬や年末の合宿と比べると雪が重く感じられ、冬山では雪の質も大切な要素なのだと実感した。

 

 また、急勾配の斜面では最初雪が崩れてなかなか登れなかったが、しっかり蹴りこんで丁寧に足場を作るようにというアドバイスでうまくいくようになった。スムーズにラッセルを交代しながら進んだおかげか、コースタイムを少し巻いて幕営地に到着し、さらに少し標高を上げた。そして整地が終わり、テントを張ろうとした瞬間、なんとポールが1本折れてしまった。年末に行ったビバーク訓練の成果を試す時が来たのかと一瞬思ったが、先輩が手近な木を使ってポールを補修したおかげで無事テントを張ることが出来た。この日は満月で月がとても明るく見え、少し標高を上げた分仙台市の夜景もきれいに見えた。

夕日に照らされるテント

2日目

天候:雪のち曇り

0430起床

0625発、幕営装備デポ

0730雁戸山

0825幕営地、幕営装備回収

0905発

1010 1150m地点

1055 ゲレンデトップ、雪上訓練開始

1155 雪上訓練終了

1220 セントメリースキー場、下山

1245 金山川出合出発

 

 この日は昨日より天気が悪く、風も強かった。雁戸山の急斜面が見えると、本当にそこを登れるのか想像がつかなかったが、実際取り付いてみると、遠くから見て受けた印象より簡単に登れてしまった。下りでは、個人的に初めてトップでコンパスを頼りに目標地点まで進んだ。しかし少しずれてしまったので、今後の反省としたい。(一色記)

 

月明かりに照らされるテント

 

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now