月山品倉尾根(2017/04/22~23)

August 20, 2017

著者

月山品倉尾根(4/22,23)山行記

 

メンバー:CL鈴木(4), SL発地(4)

 

4/21

1900 片平発

2230 旧湯殿山ホテル着

2300 就寝

 

4/22

0400 起床

0500 出発

0630 細越

0730 品倉山

1120 紫灯森

1320 山頂

1550 施薬避難小屋付近(幕営)

1850 就寝

 

4/23

0300 起床

0500 出発

0540 湯殿山神社下山

 

GWの白馬岳主稜計画(天候により中止となった)に向けて、雪稜歩行とロープワークの確認の目的で月山品倉尾根の稜線歩きの計画を立てた。旧湯殿山ホテル前につき、そこで前夜泊。正確にはホテル前まで除雪が進んでおらず、手前でテントを張った。翌朝起きると終始ガスが立ち込めており、品倉尾根に取りついても視界が悪く、50m先までしか見えない。尾根上は予想通り細いリッジが所々にあったが、藪があるのと稜線付近で所々雪が崩れているのがいやらしく慎重に進む。品倉尾根から主稜線に合流後、数組のパーティーとすれ違った。やはりこの時期はスキーを履いている人のほうが多い。紫灯森あたりからコンティニュアスのシミュレーション、牛首周辺でスタカットの動作確認を交えて山頂を踏んだ。依然として視界が悪いのでそそくさと下山開始。視界の悪さからルートファインディングに苦労し、この日は結局避難小屋までしか進めず、翌日月光坂を下り下山した。視界の悪さから品倉尾根のラインを見れなかったのが残念であった。

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now